スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月02日 [23:37] 新製品情報 

花粉症の季節がやってきました。

ただいま帰りましたっ!
今日は仕事の上がりが遅かったので、ちょっとアップが遅くなってしまいました。

まずはニンテンドーDS Liteは・・・ダメですた(TдT)
開店1時間前に行けば余裕かな?って思ったら全然ダメで、もう完売してました。
(今回の出荷分は、よほど少なかったな)

まあ、気長に待つ事にします。



さて、今日のテーマ「花粉症」について。
いやですね~。HAHAHA!でも拙者は発症していないので、全く気になりません。
(ヨメにとっては地獄のような環境らしいですが)
ですが、洗濯物を干しても外出先から帰っても花粉が付いて来てしまうので、結構大変です。

そこで、最近発売されたなかなかに優秀な掃除機をご紹介します。
ウチのお店でも売れ行き好調なこの2種類です。


エントリーNo1
東芝 VC-75TC タイフーンロボ


エントリーNo2
ダイソン DC-12

では色々な面から比較していきましょう。

①集塵能力東芝の勝利
ヘッドの形状が良く出来ていて、壁際のゴミもキレイに取れます。
ブラシも取り外して水洗いも出来るし、モーターで自走するので軽い力ですいすい床を走る!

東芝ロボタイフーンの吸引力が50~500Wに対しダイソンは未発表ですが250~350Wくらいです。
数字上でも東芝の方が優秀ですが、店頭使用してみても東芝の方がゴミを良く吸いますね!

②排気のキレイさダイソンの勝利
ん~これは難しいです。東芝ロボタイフーンも「ゼオライト脱臭」「分散排気」など頑張っていますが、ダイソンは「英国アレルギー協会認定」と言うお墨付きがありますからねぇ
ちなみにフィルターの数では東芝の方が多いですw

③静音性東芝の勝利
これは簡単。動かせばスグに分かります。ダイソンは結構うるさいですね。
なぜかと言うと吸引パワーのコントロールを掃除機がしないからです。
つまり、掃除機のスイッチが「弱」「強」「OFF」この3つしかないからです。
対する東芝は、「マナーモード」(携帯みたいだな)と言うのがあって通常よりも音が静かになります。また、ゴミが少ない時にはさほど音は大きくなりません。MAXでもダイソンよりは静かだし。

④デザインダイソンの勝利
まーこれは意見が分かれるかも。ダイソンの掃除機はさすがにヨーロッパ製らしく、非常にデザイン性が高いです。(掃除機を出したままでも平気かも)
対する東芝は・・・ま、マジレンジャー?(((( ;゚Д゚)))
マジレンジャー

↑マジレンジャー

掃除機

↑注:掃除機です

個人的にはマジレンジャーも嫌いではないです。
それにダイソンも使っているうちに、ダストカップなどが薄汚れて来ますからね。
ですから、ここは個人的な好みの問題です。

さて思いの他長くなってしまったので、⑤メンテナンス性と⑥総合評価は明日に続きます。
乞うご期待!

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。