スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月26日 [23:58] 徒然草 

電気屋さんのヒミツ②

こんばんは、慶次です。
今日は「電気屋さんのヒミツPart2」です。みんなは電気製品が壊れたらどうします?
まあ、よっぽど古いとかじゃない限り修理するよね。でもその場合ドコに出します?
近所の電気屋?買った店?大体のがこのどちらかだと思う。しかし、この選択は間違い!
どうして近所の電気屋や量販店は修理を受け付けると思います?お客様へのサービスの為なんて言ってるけど、本当は利益が出るから。
メーカーからの修理代に利益分をプラスして、みなさんに請求してるんです。
だから本当は、もし壊れたら自分で直接メーカーに電話して、修理した方が安くてしかもお店を通さない分修理期間も短いんです!

パソコン持ってる人なら、各メーカーのHPを見れると思うので、そこで「修理、問い合わせ」などの項目を探してみるといいよ~。
殆どのメーカーが「ピックアップサービス」などを行っているので、是非そういったサービスを利用しましょう♪
パソコンなんて無いぜ!って言う人は保証書に書いてある「サービスセンター」に電話して、修理について聞いてみてね。その際は故障した製品と保証書が手元にある状態で!さもないとメーカー側で詳しい故障状況や製造番号も分からないし、下手をすると調べてから再度電話しなきゃならなくなって二度手間になる可能性が高いので・・・。
※ピックアップサービスとは
メーカー指定の運送業者が、お客様の指定日時に自宅に伺い、故障した製品を預かり、修理完了後自宅へ返送するサービスです。


そう、たまーに居るんですよ、訳のわからないお客さんが・・・。
客「洗濯機が壊れて動かないんだけど!」
店員「申し訳ございません。お客様のお使いの製品の型番と故障の状況を教えていただきたいのですが。」
客「だから洗濯機だよ!動かないって言ってるのが分かんねーのか!」
拙者は千里眼でもテレパシーが使える訳でもないので、分かる訳アリマセン。
しかしだからといって「そんなんで分かる訳ねーだろ(゚Д゚#)ゴルァ!!」って言いたくても言えないのが悲しい所です。

皆さんも壊れたらメーカーに文句を言って下さい。お願いします~。
電気屋さんはあくまでも販売店であって作ってる訳じゃないんですから。
ただ、初期不良に関しては販売店に責任があるので、バシっと連絡しましょう!
ではでは。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。