スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月31日 [02:21] 徒然草 

リサイクルも楽じゃない

こんばんは!
最近は景気もいいのか、エアコンや大型冷蔵庫なんかも結構売れております。
そこでお客さんに良く聞かれるのが、古い家電製品の引き取り料金つまり「リサイクル料金」なんです。
家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)は平成13年4月1日に施行されました。
(いや、思ったよりも昔なんですよ。もう5年も前の事です)

ちなみにリサイクル対象商品は以下の4種類です。
①エアコン
②テレビ
③洗濯機
④冷蔵庫/冷凍庫


これ以外は厳密に言えばリサイクル対象外なので、販売店に処分を頼むより自分で処分した方が遥かに値段が安いですね。
(各自治体によって異なりますが、ゴミ収集に出せる事が多いです)

お客様の負担するリサイクル料金の中には、『小売店の収集・運搬料金』と、『メーカーのリサイクル料金』が含まれています。 ただし、販売店ごとに収集・運搬料金が、メーカーごとにリサイクル料金が異なります。

それに対してパソコンは平成15年10月1日以降に販売されるものは、価格に上乗せされるためメーカーによる無償回収となります。平成15年9月30日までに購入された物に関しては、引取りを求めたお客様は販売店やメーカーからの求めに応じ、リサイクル料金+収集運搬費用を支払うことになります。

家電も今後は購入時ではなく価格にリサイクル料金が含まれる様になるかもしれませんね。
実際お客様に「古い冷蔵庫などの引き取り処分はありますか?」と聞くと「あ、あります。」と言われるので「そうしますと冷蔵庫1台で5000円別途頂きますがよろしいですが?」
と聞くと大体は「分かりました。仕方ないですよね」と言って下さるんですが中には・・・「リサイクル代くらいサービスしてよ!」などど言い出すお客様もいます。
いや、ありえないですから!
と言いたい所ですが、グッと堪えて
「申し訳ありません。リサイクル料金は法律で決められてまして・・・」
とにこやかに笑って切り返す事にしています。( ゚Д゚)y─┛~~
まあ、お客様の心理としては別途お金を取られるよりは、価格に中に含まれてた方が精神的にはいいと思うんですが、これは店員側の勝手な思い込みなのかな~?

ではでは!

--------関連リンク---------
・家電リサイクル法とは?
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。